当店の調律について ENGLISH


皆様は、お持ちのピアノの“本当の声”を聴いたことがありますか?
ヨーロッパ留学をされていた方や、ヨーロッパの伝統的なピアノ調整・調律を体験されたことがある方ならば、
「ある」と答えられるでしょう。しかし残念ながら、そうでない方は「ない」ということになるのではないでしょうか。

日本では、日本独自のピアノ調整・調律技術が基本とされており、
調律学校でも、その“日本国内だけで良しとされている基本”を学びます。
当然、卒業してからも日本独自の技術をピアノに施していきます。
このような現状のもと、ほとんどの皆様がピアノの“本当の声”を聴いたことがないのは無理もありません。
かくいう私も、日本の調律学校でピアノ技術者としての基礎を学びました。
その後国産ピアノメーカーの調律師として約4年間、1日に4〜5件の調律をひたすらこなしておりました。

ある時、調律師としての道を究める覚悟を決め、会社を独立しました。
たった一人で軽自動車に何週間も寝泊りしながら、日本全国の有名調律師に会いに行っては仕事を見せてもらうという、
限りなく長い修業の日々が始まったのです。
ピアノ調律の見学は断られることも多かったのですが、それでも快く私を受け入れ、
惜しげもなく技術を見せてくださる技術者も多くいらっしゃいました。

転機となったのは、ウィーンの巨匠ピアニストであるイェルク・デームス氏との出会いでした。



私のピアノ技術を認め、音色を気に入ってくださり、
1999年夏以来、彼の所有する80余台のピアノの調律のため毎年ウィーンに呼んでくださるようになったのです。
初めてウィーンを訪れた時、現地やザルツブルグの調律師たちの仕事を見せて頂きました。
そこで驚いたのが、コンサート前の調律でした。
ユニゾン(同じ音程で1本の弦に対してもう1本の弦を合わせること)がまだ合っていないのに次の音に移ってしまったのです。
今思えば恥ずかしい限りですが、最初はその調律師を、「きちんと音を合わせることが出来ない調律師だ」と思っていました。
いよいよコンサートが始まり、客席でそのピアノの音色を聴いた時、私は驚きを隠せませんでした。
狂った調律を施されているはずのピアノが、なんとも素晴らしい声で歌い、
その音はいまだかつて聴いたことがないほど長く伸び、豊かな響きを伴っていたのです!
美しいハーモニーや、様々に変化していく音色は、まるでオーケストラを聴いているかのようで、
あまりの感動に、溢れる出る涙をとめることができませんでした。
同時に、大きな気づきを得たのです。それは、私がそれまで学んできた調律を根底から覆すものでした。

日本では、音に含まれるある成分(倍音)を聴いて調律するよう教えられるのですが、
彼が聴いていたのは、別の成分(基音)であることに気付いたのです。
しかもその成分(基音)は、日本で教えられてきたものではなく、
実はもう1オクターブ下にある、“隠れた基音”だったのです。
少し専門的な話になりますが、日本で教えられている基音というのは実は倍音で、
もう1オクターブ下に基音が隠れていたのです。
一見、わざとユニゾンをずらしているように聴こえるのですが、そうではありません。
彼の聞いている音の成分は、思いも寄らない、未知の成分だったのです。


あの感動の音色を、自分も引き出せるようになりたい。
あの調律技術を、なんとしてでも習得したい。


今度は単身でヨーロッパ各地やアメリカに渡り、多くの調律師に会っては、その技術を無我夢中で必死になって学びました。
国内と同様、遠路はるばる会いに行っても断られることも多々ありましたが、
それでも快く私を迎えてくださり、技術を披露してくださる多くの技術者にも出会うことができました。

調律師として独立してから、何年かかったことでしょう。
長い長い修業の年月を経て、ようやく辿り着いたのが、ヨーロッパの伝統に基づいたピアノ調整・調律技術です。
和楽器の伝統が日本にあるのと同様、ピアノという西洋楽器の伝統はヨーロッパにあり、
当然、ピアノ技術の伝統もヨーロッパにあるのです。

私たちは、ヨーロッパの伝統に基づいたピアノ調整・調律技術を日本に持ち込み、
横浜市旭区柏町の小さなお店から、少しずつ少しずつ、ヨーロッパスタイルのピアノ調整・調律を日本に広げてまいりました。
現在では、九州から北海道まで、日本各地のお客様から世界各国のお客様まで、
本場ヨーロッパの音色を求めるたくさんのお客様に喜ばれています。

ピアノが本来持つ能力を最大限に引き出され、本当の声で歌いだすと、演奏も、奏でる音楽そのものも輝いてきます。

あなたのピアノの本当の声を、聴いてみたいと思いませんか。


    

泣sアノクリニックヨコヤマ 〒241-0835神奈川県横浜市旭区柏町27-10 TEL:0120-747-442 / 045-391-7770